病気

睡眠時無呼吸症候群というのは病気の一種です。
また、睡眠時無呼吸症候群の症状として大きないびきが挙げられます。
いびきの症状がある場合には、マウスピースで治療を行うことが出来ます。
歯科で、自分の歯型にあわせたマウスピースを作成することで、睡眠時の呼吸をスムーズにします。

睡眠時無呼吸症候群のような病気というのは、自分や周囲の人が気づかれにくい病気です。
睡眠時無呼吸症候群は、日中に激しい眠気に襲われる、生活習慣病がなかなか改善されないという症状があります。そのまま放置していると、大きな事故につながってしまう恐れがあります。何か起きてからでは取り返しが付きません。
日常生活に支障をきたすということであれば、すぐ専門医に相談をすることが大切です。

歯科では、口腔内の健康だけではなく、全身の健康を担っています。
歯科治療だけではなく、睡眠時無呼吸症候群の傾向を感じたら、歯科治療と共に相談をしてみるようにしましょう。